お知らせ

2021年10月15日

[CDRML:00103] (再送)第18回CDR認定取得を目指すための業界指定講習【3次受付】のご案内

2021年10月15日

[CDRML:00102] 第18回CDR認定取得を目指すための業界指定講習【3次受付】のご案内

2021年10月07日

[CDRML:00101] 第18回IBHRE検定試験(2022年1月22日(土)実施)のWeb案内通知

2021年10月04日

CDR認定制度に関するご案内掲載について

CDRとは

CDR(Cardiac Device Representative:ペースメーカ/ICD関連情報担当者)とは、植込み型心臓ペースメーカや植込み型除細動器(ICD)等についての専門的な医療機器情報や医療技術情報を提供する人を指します。

CDR認定制度は、植込み型関連医療機器の適正かつ安全使用のために、専門的な知識と技術を有し、かつ医療関連企業の従事者として高い倫理観を備えた専門家の育成を目指す制度で、2008年度より「一般社団法人日本不整脈心電学会」が認定しています。

CDRの認定を受けるには、所定の講習会やセミナーを受講し、米国不整脈学会関連団体が実施している国際的な検定試験「IBHRE(International Board of Heart Rhythm Examiner)検定試験」(本邦では日本語版で実施)に合格することが要件で、さらにいくつかの必要条件を満たしている方を「一般社団法人日本不整脈心電学会」が認定します。

詳細は一般社団法人日本CDRセンターHPをご確認ください

CONTACT

メールでお問合せ
会員のみなさま
入会のご案内はこちらから
会員ログイン